夢精オナニーのやり方まとめ ※最高に気持ちイイ

夢精オナニー

 

絶世の美人とか憧れていた女の子とか、あるいは想像もしていなかった女性とのHに恵まれ、興奮の極致で挿入した瞬間、パンツの中が生ぬるくなって目を覚ます…。

 

これが夢精ですね。男性ならほとんどの人が若年期に経験していることでしょう。

 

夢精した日はなんとなく多幸感に包まれ、もう一度あの夢の続きが見たい、と誰もが感じた夢精を再現するのが夢精オナニーです。

 

以下に夢精オナニーのやり方を紹介しましょう。

 

 

夢精オナニーのやり方・方法の紹介

 

・できるだけ禁欲して精液を溜める

 

・逆にオナニーを頻繁に行なって精液を出しやすくしておく

 

・寝る前にペニスオナニーをして射精しないでおく

 

・寝る前にAVやH系コミック、官能小説を見たり読んだりしておく

 

・抱き枕を用意しておく

 

上記のやり方・方法はあくまで夢精ができる可能性を上げています。

 

これらを実行したからといって必ず夢精オナニーができるわけではありません。ただし、高い有効性を持っているのが抱き枕です。

 

睡眠中の無意識下で抱き枕にしがみつくとペニスが圧迫され、それが中枢神経を刺激します。

 

勃起は物理的感触、つまりHな妄想をしなくてもペニスをいじるだけで現象が起き、その勃起からHな夢につながる可能性があります。

 

夢精オナニーの危険性・リスクについて

 

・禁欲し過ぎるとオナニーする気分が薄れる

 

・逆にオナニーし過ぎると疲労が溜まりやすくなる

 

・勃起させたまま寝ると無意識のうちにベッドに押しつけて痛くなる時がある

 

・寝る前にAVやH系コミックなどを見ると興奮して眠れなくなることがある

 

夢精オナニーによる物理的な危険性はありませんが、誘発させる可能性のある行為はすべて軽度のリスクがあります。

 

万が一、成功した時のパンツベトベトはリスクというより成功の証として受け止めましょう。

 

オナニーグッズ
気持ち良過ぎてワロタw

おススメのオナニーグッズはこちら>>