男のアナルオナニーの正しいやり方・方法 ※初心者は必見

アナルオナニー

 

このページでは、アナルオナニーの正しいやり方・方法を紹介しています。

 

アナルオナニーとは?

 

アナルオナニーとは、肛門部分を触ったり、肛門に指やグッズを挿入して刺激するオナニーのことです。

 

アナルオナニーは、肛門性交の疑似体験とも言えます。

 

肛門周囲は末梢神経が集中しているので、亀頭や乳首などと同じく性感帯になりやすい部分です。

 

女性でもアナルオナニーで感じる人がいるのはその証です。

 

擬似的な肛門性交をするからといって、必ずしもゲイに直結するわけではありません。

 

現在はアナニー用のアダルトグッズも多数販売されているので、それらを利用すれば快感度はさらに広がります。

 

 

アナルオナニーのやり方・方法の紹介

 

事前にアナルを洗浄してキレイにしておく

 

アナルオナニーをする際は、肛門内をキレイにしておかないと、指やグッズをアナルに挿入した時に、便が付着して不衛生です。

 

また人によっては付着した便を見て、性欲が萎えてしまい、アナルオナニーを中止してしまう原因となります。

 

なので、事前に洗浄グッズを使ってアナルをキレイにしておきましょう。

 

おススメのアナル洗浄グッズはこちら↓

クレンジングポンプキット
クレンジングポンプキット

 

 

指にアナル専用のローションをぬって肛門をほぐす

 

肛門とアナルはよくほぐし、挿入しやすいように柔らかくしておくことが大切です。

 

アナルオナニーは、基本的にアナルへ挿入するピストン運動を行います。

 

ですので、指やグッズ類を挿入する時は、必ずアナル用のローションを使用してください。

 

アナル用は一般的なポリアク系と違い、潤滑性と持続性があります。

 

ポリアク系でも対応できますが、水分吸収率が高いのでピストンの最中は必ず補充することを忘れないでください。

 

アナルにおすすめのローションはこちら↓

ブラン・シークレット(スタンダード)
ブラン・シークレット(スタンダード)

 

 

指をアナルに挿入し、出し入れしてみる

 

指をアナルに挿入する際は、アナルをほぐした時と同様に、アナルにたっぷりローションをぬってから行いましょう。

 

指で直接アナルを触ることに抵抗がある人は、指サックを使うのもアリです。

 

指サックを使ったほうがより衛生的に、アナルオナニーを楽しむことができます。

 

アナルにおススメの指サックはこちら↓

やわピタ指サック
やわピタ指サック

 

 

初心者の方は、まずは指一本から始めます。

 

指は人差し指でも中指でも構いません。自分が使いやすい指でOKです。

 

始めは指が入りづらいかもしれませんが、焦らずゆっくり行ってください。

 

指一本の挿入に慣れてきたら、今度は指二本の挿入にチャレンジしてみましょう。

 

指を出し入れしてピストンし、その感覚を楽しんで下さい。

 

 

指の挿入に慣れてきたらアナルグッズを使ってみる

 

指での挿入になれてきたら、今度はアナルグッズを使ってアナルオナニーをしてみましょう。

 

アナルグッズは、拡張性能のあるアナルプラグやディルドがおススメです。

 

アナル拡張グッズは、初心者用の小さいサイズから、ベテラン向きのマグナムサイズまであるので、少しずつステップアップしていきましょう。

 

アナル拡張グッズを使うと、指よりも大きく凸凹があるので、アナルに挿入した時の快感がより感じやすくなります。

 

アナル拡張におすすめのグッズ↓

ステップアップ拡張プラグ
ステップアップ拡張プラグ

 

 

ステップアップ拡張ディルド
ステップアップ拡張ディルド

 

 

 

肛門が拡張されたらバイブなどアナルバイブを使って擬似肛門性交を行う

 

アナルグッズに慣れてきたら、今度はアナルバイブを使ってみましょう。

 

アナルバイブを使うと、肛門内の圧迫刺激をより楽しむことができます。

 

またバイブによっては男性のみに存在する「前立腺」を刺激してくたりと、快感の度合いが大きくなります。

 

おススメのアナルバイブはこちら↓

驚愕ディルドパニック2
驚愕ディルドパニック2

 

 

アナルプッシャー
アナルプッシャー

 

 

 

グッズピストンの最中にペニスが勃起したら射精しても構わない

 

アナルグッズを使っている最中に、ペニスが勃起してきたら、ペニスをシゴいて射精するのっもOKです。

 

ただ射精してしまうと、性欲が薄れ賢者タイムに入ってしまうので、アナルオナニーの継続が難しくなるというデメリットがあります。

 

楽しみ方はひとそれぞれなので、自分の気持ちいいアナルオナニーを色々と試してみましょう。

 

 

 

アナルオナニーの危険性・リスクについて

 

前立腺オナニーと同じ物理的危険性・リスクがありますが、それら以外にアナルオナニー特有の項目が以下のようにあります。

 

・アナルプラグを挿入していると、肛門が緩くなるので大便が我慢しづらくなる

 

・ペニス型のバイブやディルドを使っていると、リアルで肛門性交がしたくなる

 

肛門は自分の意思で括約筋を開け閉めできますが、アナルプラグで強制的に拡張していると括約筋の戻りが悪くなるので大便が緩くなり、我慢しづらい状況になります。

 

上級者になるとオムツの着用が欠かせなくなるほどなので、アナル拡張を行なった後は元の締りが戻るまでアナルオナニーをしないように心がけましょう。

 

アナルにバイブやディルドを挿入して快感が得られるようになると、どうしても本物、つまりペニスを挿入したくなる場合があります。

 

もちろんそのままゲイの道に進んでも本人の意思であれば問題ありませんが、肛門性交を行うのであれば信用できる相手を選び、必ずコンドームを使用してください。

 

アナルセックスはHIV感染最大の原因であることを忘れないでくださいね。

 

アナルオナニーのまとめ

 

前立腺オナニーもアナルオナニーも快感は射精と違い、緩やかに始まって長い時間続き、高い絶頂感を味わった後はまた緩やかに下っていきます。

 

その快感は女性的と言われ、経験値が高くなった時はどちらも思わず悶え声を上げてシーツの端をつかむほど強烈なアクメを味わうことができます。

 

それだけに男性特有のペニスオナニーに戻れなくなる人もいるので、アナルオナニーは適度に楽しむことをオススメします。