前立腺オナニーの正しい方法 ※ドライオーガズム

 

前立腺オナニー

 

ここでは男性のみに存在する器官の「前立腺」を刺激する、前立腺オナニーの紹介をしています。

 

うまくいけば究極の快感である「ドライオーガズム」を体感する事ができるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

前立腺オナニーのやり方・方法の紹介

 

@ アナルは浣腸などで大便を排泄しておき、清潔な状態にしておく

 

A 最初は肛門から指を入れ、前立腺の位置をしっかりと把握しておく

 

B 指で軽く前立腺を押し、快感の質を確認する

 

C 前立腺の刺激に慣れてきたらアネロスなど前立腺刺激専門の器具を使ってみる

 

D 器具を使うと前立腺刺激が効率的になるので、絶頂感が訪れるまで経験値を積む

 

前立腺オナニーは誰でも最初から強い快感を体験できるとは限りません。

 

逆に肛門をほぐさずにいきなり指を入れると肛門の痛みが先に走り、前立腺オナニーに至らない場合があります。

 

最初は前立腺位置を確認する程度に抑え、長期戦のつもりで取り組みましょう。

 

前立腺オナニーは愛好家が着実に増えており、その傾向に合わせて前立腺刺激用のアダルトグッズが数多く販売されています。

 

ただしアナルは弱い粘膜なので、信頼できる商品とショップを選ぶことが大切です。

 

アダルトグッズのネット販売大手、NLSではアネロスを始めとする信頼性の高い前立腺刺激グッズを用意しており、ショップ自ら商品テストを行なってプレビューを掲載しています。

 

それらを参考にして自分に合った前立腺刺激グッズを購入しましょう。

 

前立腺オナニーの危険性・リスクについて

 

・肛門をよくほぐしておかないと指や器具を入れる時に痛みが走る

 

・肛門のサイズに合っていない器具を無理に入れようとすると肛門裂傷の可能性がある

 

・指やグッズを清潔にしておかないと直腸炎を引き起こす原因になる

 

・経験値を積むと新しい快感と絶頂感を味わうことができるが、それ以前に諦めてしまうことが多い

 

・逆に前立腺オナニーに目覚めてしまうと、射精するオナニーが物足りなくなり、リアルセックスで膣内射精障害に陥ることがある

 

物理的な危険性・リスクとしてはアナル内粘膜は傷つきやすいということです。

 

伸びた爪や器具を無理に押し付けると粘膜が傷つき、そこから直腸内の雑菌が入って直腸炎を引き起こす可能性があるので、必ず直腸内と指や器具は清潔に保ってください。

 

また器具は使用後、必ず洗浄しましょう。

 

この洗浄をしっかり行わないと器具についた雑菌が保管中に繁殖し、次回使う時には高い危険性・リスクを伴うことになります。

 

精神面の危険性・リスクは前立腺オナニーの経験値を高めたことによる強い快感です。

 

最初は小さな快感の波がやがて大きくなり、絶頂に達するとその時間が長く続くだけでなく、絶頂後も緩やかに下降するので多幸感をたっぷりと味わうことができます。

 

射精のように一気に絶頂するのではなく、しかも射精後の賢者タイムが少ないことから、前立腺オナニーの快感にハマると、射精するペニスオナニーよりも確実に回数が増えるでしょう。

 

しかし前立腺オナニーを続けるとリアルセックスの際、ペニスへの刺激では物足りなくなって遅漏気味になり、さらには膣内射精障害に陥ることもあります。

 

前立腺オナニーはペニスオナニーと交互に行うことをオススメします。

 

 

関連ページ

プロが教える男のアナルオナニーの正しい方法 ※初心者は必見
男の肛門を使ったアナルオナニーのやり方・方法・仕方を紹介しています。種類がたくさんあるので、普通の一人エッチに飽きた人は必見です。
プロが教えるトコロテンオナニーの方法! ※精子がドロっと出てワロタw
男の肛門を使ったトコロテンオナニーのやり方・方法・仕方を紹介しています。種類がたくさんあるので、普通の一人エッチに飽きた人は必見です。