男のアナルオナニーの正しいやり方・方法 ※初心者は必見

 

 

アナルオナニーのもう1つの方法はアナルセックス、肛門性交の疑似体験です。

 

肛門周囲は末梢神経が集中しているので亀頭や乳首などと同じく性感帯になりやすい部分です。

 

女性でもアナルオナニーで感じる人がいるのはその証でしょう。擬似的な肛門性交をするからといって、必ずしもゲイに直結するわけではありません。

 

現在はアナニー用のアダルトグッズも多数販売されているので、それらを利用すれば快感度はさらに広がります。

 

アナルオナニーのやり方・方法の紹介

 

@ 肛門とアナルはよくほぐし、挿入しやすいように柔らかくしておく

 

A 指にアナル専用のローションをたっぷりつけて指でピストンをしてみる

 

B 指ピストンが気持ち良く感じたらアナルプラグで肛門を拡張する

 

C 肛門が拡張されたらバイブなどアナル用グッズを使って擬似肛門性交を行う

 

D グッズピストンの最中にペニスが勃起したら射精しても構わない

 

アナルオナニーは前立腺オナニーのように指やグッズ類を入れっぱなしにしておくのではなく、ピストン運動を行います。

 

したがって前立腺オナニーよりも肛門を柔らかくしておきましょう。また指やグッズ類を挿入する時は必ずアナル用のローションを使用してください。

 

アナル用は一般的なポリアク系と違い、潤滑性と持続性があります。ポリアク系でも対応できますが、水分吸収率が高いのでピストンの最中は必ず補充することを忘れないでください。

 

指でピストンができるようになったら、アナル用バイブを入れてみましょう。

 

太さはいろいろありますが、初心者はまずアナル拡張用プラグの挿入から始めることをオススメします。

 

アナルプラグとは挿入するだけで肛門と直腸を広げてくれるアナルオナニーに取って嬉しいグッズです。

 

初心者用の小さいサイズからベテラン向きのマグナムサイズまであるので、少しずつステップアップしていきましょうね。

 

アナルオナニーの危険性・リスクについて

 

前立腺オナニーと同じ物理的危険性・リスクがありますが、それら以外にアナルオナニー特有の項目が以下のようにあります。

 

・アナルプラグを挿入していると、肛門が緩くなるので大便が我慢しづらくなる

 

・ペニス型のバイブやディルドを使っていると、リアルで肛門性交がしたくなる

 

肛門は自分の意思で括約筋を開け閉めできますが、アナルプラグで強制的に拡張していると括約筋の戻りが悪くなるので大便が緩くなり、我慢しづらい状況になります。

 

上級者になるとオムツの着用が欠かせなくなるほどなので、アナル拡張を行なった後は元の締りが戻るまでアナルオナニーをしないように心がけましょう。

 

アナルにバイブやディルドを挿入して快感が得られるようになると、どうしても本物、つまりペニスを挿入したくなる場合があります。

 

もちろんそのままゲイの道に進んでも本人の意思であれば問題ありませんが、肛門性交を行うのであれば信用できる相手を選び、必ずコンドームを使用してください。

 

アナルセックスはHIV感染最大の原因であることを忘れないでくださいね。

 

アナルオナニーのまとめ

 

前立腺オナニーもアナルオナニーも快感は射精と違い、緩やかに始まって長い時間続き、高い絶頂感を味わった後はまた緩やかに下っていきます。

 

その快感は女性的と言われ、経験値が高くなった時はどちらも思わず悶え声を上げてシーツの端をつかむほど強烈なアクメを味わうことができます。

 

それだけに男性特有のペニスオナニーに戻れなくなる人もいるので、アナルオナニーは適度に楽しむことをオススメします。

 

関連ページ

プロが教える前立腺オナニーの正しい方法 ※ドライオーガズム
男の前立腺オナニーのやり方・方法・仕方を紹介しています。種類がたくさんあるので、普通の一人エッチに飽きた人は必見です。
プロが教えるトコロテンオナニーの方法! ※精子がドロっと出てワロタw
男の肛門を使ったトコロテンオナニーのやり方・方法・仕方を紹介しています。種類がたくさんあるので、普通の一人エッチに飽きた人は必見です。